新着情報

2019/07/17令和元年 蔵の湯オープン

令和元年 蔵の湯オープン

「瓦屋」とは湯田温泉の「松田屋」に隣接していた瓦ぶき二階建ての旅館でした。
江戸当時、湯田の町ではほとんどの建物が藁ぶきでしたが
藩主のお茶屋と瓦屋だけが瓦ぶきだったといわれ、屋号もそこに由来しています。

瓦屋跡庭園は様式的には左側に池泉庭園(ちせんていえん)を、
右側には高さ2mほどの築山を中心とした枯山水庭園という、2つの様式が異なる庭園を1つに統合し、
回遊によって変化する景観を観賞する池泉回遊式庭園といえます。
このように瓦屋跡庭園は、小規模ですが池泉部と枯山水部が巧みに調和して、
回遊しながら視点を移すと、それぞれに変化のある景観が展開する庭園構成となっています。
この時代、この地域にあって、高い技術や意匠を備え、後世に残し伝えていくべき庭園でございます。

■ 庭園様式:池泉回遊式庭園
■ 作庭時代:江戸時代後期(大正時代改修)


令和元年 蔵の湯オープン



85年前の蔵を移設した建物の中には龍馬の湯とおりょうの湯の二つの浴槽があります。
眼前の景色は150年以上前からこの地を見守ってきました。
 

令和元年 蔵の湯オープン

泉質 アルカリ性 単純温泉
肌によく馴染む、軟らかい湯です。
温泉独特の癖が気にならず、ゆったりとした気分で長湯できます。
源泉 湯田温泉ミックス泉
泉温 63.6℃
湯量 豊富な1日2000トンの天然温泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき慢性消化器病、ぢ疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、他。
温泉の一般的禁忌症 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全出血性疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患。




アーカイブ

2019年(27)
2018年(30)
2017年(37)
2016年(36)
2015年(45)
2014年(28)
2013年(8)
2012年(12)
2011年(5)
2010年(12)
2009年(16)

お知らせ

ピックアップ情報

特別な日を松田屋ホテルで。
和ダイニングレストラン錦旗
リピーター様限定プランのご案内
歴史に彩られた和の空間 MATSUDAYA HOTEL WEDDING
松田屋ホテルを動画でご紹介
代々受け継ぐおもてなしを 松田屋と維新